中部経済倶楽部

概要

  • 設 立
    1938(昭和13)年7月(発起人・石橋湛山元首相)
  • 形 態
    東洋経済新報社が運営面でバックアップしている中部地域経済人の会員制組織
  • 会員数
    2013年末 約190名
  • 目 的
    政治経済を中心にした情報収集、会員相互の親睦
  • 活動内容
    (1)毎月2回の定例講演会
    (2)工場・研究所等の見学会(年数回、海外研修旅行も含む)
    (3)会員親睦パーティ(夏・冬2回)など
  • 会員の特典
    (1)講演会の無料聴講、パーティの無料参加、見学会の参加
    (2)社団法人経済倶楽部(東京)の講演集(年12冊)の無料配布
    (3)東洋経済新報社刊行物の2割引き購入
  • 入会金
    法人会員3万円、個人会員2万円
  • 会 費
    年間2回払い。月額会費は6000円(年7万2000円)になります。
  • その他
    講演会・見学会は家族、同一法人社員の代理出席も可能

© Chubu Keizai Club. All rights reserved.
中部経済倶楽部